狭小住宅三階建て、二世帯住宅の間取りならさつま建設|大田区、品川区 の トップページへ戻る

【最新住宅ニュース】 年末に向けて大掃除をする?しない?2017年11月13日

大掃除のイメージ

こんにちは、さつま建設です。
日中、暖かい日もありますが、急に朝晩の冷え込みがきつくなってきましたね。
これからの時期はインフルエンザが流行する時期でもあり、風邪も引きやすいので体調管理に気をつけたいですね!

さて今回の11月1回目の住宅ニュースは(株)ダスキンが調査を行った2017年末「大掃除を実施する予定」についてお伝えしたいと思います。


年末の大掃除に対するみんなの意識は?

2017年末の大掃除の予定では、72.1%が「大掃除を実施する予定」と回答し、2016年末の大掃除実施率54.6%を大きく上回ったようです。
みなさん、きれいな住まいで新しい年を迎えたいことがわかりますね。

性別、年代別にみると、実施予定率が最も高いのは20代の女性で、全体より10ポイント以上高い83.2%となりました。
一人暮らしをする女性が自分の部屋をきれいにしたいという意識が高いことが伺えますね。
最近は100円均一ショップのダイソーやセリアなどでインテリア雑貨やDIYの材料などを購入して、自分好みのお部屋にカスマタイズする女性が増えています。

お部屋に対して意識が高く、いつもきれいにしていたいという思いが強いので、20代女性は年末の大掃除に対して意識が高いのではないでしょうか。


2017年末の大掃除、いつやる予定ですか?

2017年末の大掃除の実施予定日は、「12月30日(土)」が最も多く29.9%でした。
2番目に多かったのは28.3%の「12月29日(金)」でした。
12月29日(金)まで会社がある方もいらっしゃるかと思いますので、少し少ない傾向と思われます。

また、大掃除の実施予定日数でのアンケート結果については「2日間」(29.8%)が最多であることから、仕事納め後から大晦日までの間に集中して実施する傾向が強いようですね。

しかし、30代の女性については、「5日以上」(22.7%)実施する予定という回答が最も多くみられました。
家事や育児で忙しく、また仕事をする人も増えていることから、まとめて掃除をするよりも日数を分けて「コツコツと大掃除を実施する」傾向がうかがえますね。


大掃除する場所の優先順位は?

お部屋の間取りや広さにも左右されますが、なかなか全てのお部屋を掃除するって難しいですよね。

とくに今回のアンケートで実施予定日数を「2日間」としている方が多かったので、2日間だけですべては回りきらない感じがいたします。

大掃除の意欲が高い順について行ったアンケートの結果、1位「リビング・ダイニング」(85.1%)2位「洗面所」(83.2%)3位「浴室」(82.3%)でした。

意欲が高い理由には「普段使う所だから」「みんなが集まる所だから」などが挙げられ、毎日使う場所であり、なおかつ人に見られることの多い場所になるので、みなさんやる気が高いようですね。

家族で暮らしている方たちにとっては、やはり一番家族と一緒に過ごすお部屋なので、きれいにして年を迎えたい場所です。

水回りの「洗面所」や「浴室」についても毎日必ず出入りしている場所ではあるものの、同じ水回りでも「トイレ」と比べると普段なかなか掃除ができずに汚れがたまっていて、掃除まで手がまわらないというのが現状です。


一方、掃除意識が低い場所は?

「エアコン」(44.3%)「レンジフード・換気扇」(30.7%)「照明器具」(29.2%)「窓・網戸」(27.8%)という結果でした。

「エアコン」や「レンジフード・換気扇」については高い場所にあり、分解作業も必要なのでなかなかそこまで掃除がまわらないという理由が考えられますね。

せいぜい、レンジフードのフィルターカバーを新しいものに付け替えたり、周りを軽く拭いたりする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「照明器具」や「窓・網戸」についてもお家によって数や大きさが違うので一概には言えないですが、どちらかというと後回しにしてしまって掃除をあきらめてしまう方も少なくないと思います。

こういった場所についてはプロのお掃除サービスを利用してみるのも1つの手段ですね。
ただ、年末となるとそういったサービスの会社もお休みだったり、予約が埋まっていたりするので、早めに頼んでおくのが良いかと思います。

次回、11月2回目の住宅ニュースは年末のお掃除ポイントについてお話したいと思います。

おたのしみに!!

ニュース情報元:(株)ダスキン



住まいに関するご相談はありませんか。
新築もリフォームもさつま建設にご相談ください。
お問合せ 資料請求

ページトップへ