狭小住宅三階建て、二世帯住宅の間取りならさつま建設|大田区、品川区 の トップページへ戻る

【最新住宅ニュース】 年末の大掃除ポイント 2017年11月28日

大掃除のイメージ

こんにちは、さつま建設です。
今年も残すところあと1ヶ月となりました。
年末に向けて大掃除を意識する時期でもあります。

11月2回目の住宅ニュースは1回目で取り上げた大掃除がテーマです。
今回は年末のお掃除ポイントについてお伝えしたいと思います。


お掃除計画を立てましょう

突然思い立ってお掃除をやるようではなかなか思うように進まず、途中で断念してしまうことが多いでしょう。
なぜなら、思いつきで始めると、1箇所を集中して掃除で満足してしまったり、あちこち気になって中途半端に終わってしまったりするからです。
何日間どの場所からお掃除を進めていくか計画を立てることが重要です。
いつもなかなかできない場所やほこりが溜まっていそうな場所などを先に取り掛かるように計画するのもコツです。


掃除の基本!高いところから低いところへ【キッチン・リビング】

キッチンは換気扇やレンジフードなど高い位置にあるものから掃除をすると良いですね。

たとえば、油でベタベタしている換気扇などは先に漬け置き洗いにして、その間に他のところを掃除すると効率的です。

ガスレンジやガス周りの壁などの油汚れのベタつきには中性洗剤を吹きかけた後、サランラップでパックし、しばらく置いておくと汚れが浮きやすくなってお掃除がしやすいですよ。

リビングは普段やらない照明の傘や棚の上から掃除していくと、床にほこりが落ちても床掃除でまとめてきれいにすれば良いので効率的です。

ダイニングテーブルにほこりが落ちるのが嫌だなぁと思う方はあらかじめテーブルにビニールをかけるなどして対策をしてみたらいかがでしょうか。

さらに、リビングでは静電気でほこりが溜まりやすいテレビやパソコンなどはこれで拭き掃除をすると効果的です。

水を入れたバケツに5、6滴の洗濯用柔軟剤を入れ、タオルを入れて固く絞って拭きますとほこりがつきにくくなるのでおすすめです。
柔軟剤に含まれる静電気防止成分がほこりの付着を抑制してくれるようです。


水周りは早めに着手!【洗面室・浴室・トイレ】

水周りでいうと、トイレが一番狭く、短時間で掃除が完了する場所なので、先にこちらを終わらせてしまいましょう。

そうすることで、達成感を得ることができ、掃除に対してやる気が出てきます。

浴室ではカビ・黒ずみを除去するのに時間がかかるため、先にカビキラーなどの除去剤を吹きかけてからラップでしばらく置いてその他のところを掃除するのがおすすめです。


汚れに応じた洗剤を使用しよう!

油よごれ「手垢や皮脂」には重曹、水垢にはクエン酸がおすすめです。

洗面鏡や戸棚などの手垢汚れは油で酸性の汚れなので、アルカリ性である重曹が効果を発揮します。

重曹を溶かした水をキッチンペーパーなどに含ませ、さっと拭きます。その後もう一度、からぶきをすると良いでしょう。

水垢汚れは水道水に含まれるカルキが付着したものです。
これらの汚れはアルカリ性なので、酸性のクエン酸で掃除するのが効果的です。


新年を気持ちよい住まいで迎えるためにも大掃除は大切です!
早めの計画を立て、汚れに応じた洗剤で効率的に進めていきましょう!



住まいに関するご相談はありませんか。
新築もリフォームもさつま建設にご相談ください。
お問合せ 資料請求

ページトップへ